Login

ホームページに関するお問い合わせは下記のメールアドレスにて受け付けております。

回答までに少々お時間をいただく場合がございますことをご了承ください。

 

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

Ⅰ. 入会資格

     1.  現在日本語教育機関で教えている日本語教師であること。

     2.  上記資格がない場合は、会員2名の推薦があること。

 

Ⅱ. 会員について

     1. 個人会員 - 個人で会員になる場合

         年会費500ペソの年間会費で教師会ウェブサイトの会員専用ページに入ることができます。

         日本語教育シンポジウム及び短期集中講座に100ペソの参加費で参加することができます。(非会員の方は700ペソの参加費をいただきます。)

 

     2. 機関会員 - 機関登録をする場合

         年会費  1機関2500ペソで機関代表者を含め5名までの登録が可能です。

         年度途中での登録者の変更も可能。ただし、変更を速やかに教師会に届けてください。

         機関会員の年間会費で代表を含め、登録されている5名までは教師会ウェブサイトの会員専用ページに入ることができます。

         機関会員になっている会員(最高5名)は日本語教育シンポジウム及び短期集中講座に100ペソの参加費で参加することができます。

         (非会員の方は700ペソの参加費をいただきます。)

         理事会総会では、機関代表者1名に総会での発言権が与えられます。

         機関代表者が欠席する場合には、事前に申請を出していただければ、登録されているほかの会員が代表になることができます。

 

     3. IDカードの発行

         個人会員・機関会員ともに、IDカードを発行しています。新規作成時は無料ですが、紛失や氏名変更など会員の都合で再発行をする場合には、実費負担となります。

         新規登録の際(Ⅲ. 入会手続きを参照)、デジタルカメラで撮影した顔正面(背景白)の写真をホームページ上の入会申込フォームで添付してください。

         ただし、IDカードは、基本的に年2回(シンポジウム・短期集中講座の際)まとめて発行しています。

         登録時期によってはすぐにIDカードを発行することができない場合もありますが、ご了承ください。

 

Ⅲ. 入会手続き (個人会員、機関会員の場合も手続きは同じです。)

     1. 銀行に個人会員の場合は年会費500ペソ、機関会員の場合は、年会費2500ペソを振り込んでください。

 

         BBVA Bancomer 0188223386

         CLABE interbancaria: 012180001882233863

         Asociación Mexicana del Idioma Japonés A.C.

 

     2. 入金後

         ホームページ上の入会申込フォームで、個人情報の登録を行ってください。

         その際、スキャンしたFicha de depósitoを添付してください。

         また、Facturaが必要な場合、RFC情報をフォームに記入してください。

         上記の申込情報を受け取り後、会計担当が入金の照合をし、メールにて領収確認番号をお伝えします。

 

入会手順案内のダウンロード

 

Botton Formulario jp

「教師会のあゆみ」:資料ダウンロード

「2015年度日本語教師会紀要」:資料ダウンロード

 

1.目的
一、永続しうる形のストラテジー確立、及び日本語教育、学習、また文化に携わる教師の学術的・教育 的水準の向上
二、日本語教育活動における入会者の専門的養成のための教育的指導の概念、方法、計画設計の発達
三、 メキシコ社会においてより良い認識を得るための日本語教育者としての教師の知識レベルの向上を 目指す活動の実現
四、日本語だけでなく他の言語を含めた学習者・教師・機関における情報交換の創造・促進・流布
五、日本語教育を通したメキシコと日本間の文化的かつ学術的交流と相互理解への貢献
六、日本語教育、及び教授法に関するフォーラムにおける代表機関としての協会のあるべき行動の実 現、さらに、組合、権力機関、組織、そして社会によって引き起こる問題の解決のための参加、及び回 答構造の発展、これらによって、代表同業組合における規則付け、及び規制を行う相談・協議機関とし ての国家レベルへの到達に努める
2. 構成
首都圏部:メキシコ州、イダルゴ州、モレロス州、プエブラ州、トラスカラ州
北部:ヌエボ・レオン州、コアウィラ州、チワワ州、ドゥランゴ州、タマウリーパス州、サカテカス州
中部:グアナフアト州、アグアス・カリエンテス州、コリマ州、ハリスコ州、ミチョアカン州、 ナヤリ州、ケレタロ州、サン・ルイス・ポトシ州
東部:ベラクルス州、タバスコ州、カンペチェ州、キンタナロー州、ユカタン州
北西部:バハ・カリフォルニア州、バハ・カリフォルニアスル州、シナロア州、ソノラ州
※南部:オアハカ州、チアパス州、ゲレロ州 (現在会員不在)
3. 会員数
2016 年度会員 131 名 (2016 年 6 月現在)・・・内訳: 個人会員 98 名 機関会員 43 名 (全 48 機関)
  メキシコ人会員 55 名 日本人会員 86 名
首都圏 79 名、中部 21 名、東部 12 名、北部 12 名、北西部 7 名、中南米 6 名、日本 4 名、計 141 名
会員数グラフ
4. 理事
会長: 竹森悠介 (中部)
事務局長: 中畝小糸 (首都圏部)
会計: 江原真実 (首都圏部)
支部理事: Janet Sólis(東部)
Alejandro lizarraga (北西部)
角南晧(首都圏部)
掛須翔太(首都圏部)
5. 歴史・沿革
2003 年に「メキシコ日本語教師連絡協議会」が法人化され、「社団法人メキシコ日本語教師会」に改名
6. 事業概要
6.1. 年中行事
  • メキシコ日本語弁論大会 5 月下旬
  • 日本語教師短期集中講座 7 月上旬
  • 日本語教育シンポジウム 2 月下旬 その他、各地方弁論大会等。
6.2. 日本語教育に関する取り組み
  • 日本語教育支援情報普及サイト構築
  • メキシコ人日本語教師支援プログラム

 

入会についてはこちらをご覧ください。

入会案内